新着情報 | 新着情報 | TATSUNO土壌環境パートナーズ

  • 会社紹介ムービー
  • お問い合わせ
  • tatsuno
塗膜PCB分析はこちら

TOPICS-トピックス-

2020.01.22新着情報
ラボ見学にお越しいただきました(1月22日)

img

本日は石油業界のお客様11名にタツノラボを見学いただきました。
お客様は社内研修として3班に分かれてお越しいただいく予定となっております。

タツノ鶴見事業所では、ラボ見学のほか、研修所してもお使いいただけます。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。
2020.01.14新着情報
塗膜PCB分析 準備中
塗膜PCB問題とは
一部の塗料には可塑剤(ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくしたりするために添加する物質)としてPCBが添加されていた。
特に1960年代半ばから1970年代半ばまでの塩化ゴム系塗料に使用されており、当該塗料が塗装された道路橋等の鋼構造物の塗膜からPCBが検出されている。
また一部の塗装された構造物からは、高濃度PCBの存在が確認されている。
PCBが含まれている製品(上記塗料も含まれる)や廃棄物は、「PCB特別措置法」に基づき、処分期間内の処分等が義務付けられている。
そのため、対象となる塗膜について、環境省が作成した調査実施要領等が作成され、各省庁、自治体、民間事業者等が調査を行うこととなっている。
なお、使用されていると思われる施設は以下のものとなる。
※橋梁・洞門・排水機場・ダム・水門等・タンク(石油貯蔵・ガス貯蔵)船舶etc.