土壌分析を実施

  • 会社紹介ムービー
  • お問い合わせ
  • tatsuno

ANALYSIS-分析サービス-

鶴見事業所 タツノラボの概要

鶴見事業所内に1978年に開設した鶴見事業所 タツノラボは、オートサンプラー搭載のガスクロマトグラフや原子吸光光度計など最新鋭の測定機器を取り揃え、土壌汚染対策法・水質汚濁防止法の排水基準に規定されている分析項目にすべて対応。現場で採取した土壌、水、ガスなどの検体の分析に対応しています。的確な分析データをスピーディにフィードバック。調査以降の対策検討に活かされています。
タツノラボへ見学も可能です。

設備・施設紹介はこちら

分析項目

土壌汚染対策法・水質汚濁防止法の他、様々な分析項目に対応。

分析の流れ

見学・分析項目に関するお問い合わせ

分析の流れ

土壌汚染対策法
第一種特定有害物質
(VOC)
試料採取 溶出 攪拌 分取 機器測定
土壌汚染対策法
第二種特定有害物質
(例・カドミウム、セレン、鉛、砒素、ほう素溶出量)
湿土壌自然風乾 粉砕ふるい秤りとり 振とう、静置 ろ過 機器測定
土壌汚染対策法
第三種特定有害物質
(例・有機リン)
湿土壌自然風乾 粉砕ふるい秤りとり 振とう、  静置 ろ過 採取、抽出 濃縮脱水定容 機器測定